GMAT対策研究所

GMAT PREP RESEARCH INSTITUTION(GPRI)

研究所概要お問合せ

HOME

About GMAT テスト

GMAT構成解説

GMAT受験目的

About GMAT 対策

GMATセクション別対策

GMATに必要な英語力

About GPRI

GMAT対策研究所

今、必要なGMAT対策


最新のリサーチ結果について

GMATテストのテスト内容及び休憩時間等更新しました。
今回GMATテストのVerbal出題数や、テスト中に与えられる休憩時間など更新しました。最新のテスト内容についてご確認下さい。(More detail
2012年6月に大幅なGMATテストの改定実施。
2012年6月にGMATテストの内容が大幅に改定されました。具体的には、AWAセクションのAnalysis of an Issueが廃止され、Integrated Reasoningが追加 されました。(More detail
GMATテストセクション別対策方法
GMATテストはTOEFLやIELTSと大きく異なり、英語を第一言語とするネイティブスピーカー用のテストとなります。そのためセクション別の対策が必要不可欠です。(More detail
GMATテストに必要な数学知識
GMATテスト対策を行う際、留学生は言語で大きなハンデがあるため、数学のセクションで点数を稼ぐ必要があることは周知の事実です。ここでは数学セクションに必要な数学範囲をまとめています。(More detail
Sentence Correctionの効果的な対策方法
Verbalセクションの中でも比較的対策方法が容易で、留学生でもスコアを取得しやすいと言われているのがこのSCセクションです。ここではSCの設問別回答ストラテジーを解説しています。(More detail
 
Critical Reasoningの設問タイプ別対策法
Critical Reasoningの問題はVerbalセクションの中でも最も難易度が高いと言われており、受験生の中ではこの問題は捨てている方もいるようです。9種の設問タイプ別に対策方法を紹介しています。(More detail

GMAT対策回答集

GMATテストではどんな問題が出題されますか?
GMATテストは基本的にネイティブスピーカー用に作られたテストなので、TOEFLやIELTSのようにリスニング、スピーキングセクションは存在しません。その代わり数学や長文読解、各種分析問題など難易度の高い問題が出題されます。ここではセクション別にテスト構成について詳しく解説しています。(More detail
GMATテストはどんな目的のために受けるテストですか?
GMATは海外でMBA取得のためなど、一般的に海外のビジネススクールに留学する方が受験するテストです。海外のトップビジネススクールでは通常もれなくこのGMATテストスコアを要求されます。(More detail
GMATのテストスコアはどのように発表されますか?
現在GMATのスコアは200〜800点満点で発表されます。スコアの採点方法はQuantitativeとVerbalの合計によって決まります。なおAWAは別途スコアリングされます。(More detail
GMATテスト対策はTOEFL(やIELTS)と並行して行うことができますか?
GMATテストは母国語が英語な方のためのテストなので、ある程度の英語力が備わっていないと対策を開始することはできません。特に高度はリーディング力は必要不可欠となります。(More detail
海外のトップスクールに行くためにはGMATでどの程度のスコアが必要ですか?
GMATは海外のビジネススクールへ入学するために必要なテストですが、何点程度必要か、ということは目指す国、学校によって大きく異なります。学校によっては必要ないところもあるので注意が必要です。(More detail
GMATテストの申込方法を教えて下さい。
GMATテストはGMATオフィシャルホームページにて予約や予約確認等全て行うことができます。(More detail
大学院留学セミナー開催中

GMATとMBA留学

MBA留学に必要なスコア:
MBA留学を実現させるために必要なスコアを解説しています。
MBA留学に必要な費用:
MBA留学にかかる費用を国別に解説しています。(外部サイト)
海外ビジネススクール紹介:
海外のトップビジネススクールを紹介しています。(外部サイト)



ページトップへ